女子にもわかる自衛隊

自衛官のスキンケア事情

お肌を酷使する自衛隊のお仕事

いよいよ冬本番を迎えました。女子のみなさんはスキンケアが大変になっている頃だと思います。
最近は、女性だけでなく男性にもスキンケアに気を遣う人が増えてきましたが、実は自衛官も同じなんです。世の男性と同じく、女性ほどは気を遣ってはいないと思いますが、特に若い隊員にはスキンケアを頑張っている人が多いように感じます。
「自衛官」と「スキンケア」はイメージ的に結び付きにくい方が多いかもしれませんが、実は自衛官だからこそ、お肌に気を遣う必要があるともいえます。というのも、自衛官はお肌を酷使することが多いからです。
自衛官は屋外で活動することが多いです。ですので、山に入れば土埃や砂埃、海に出れば潮風、航空機の駐機場では強風を浴び、常にお肌が痛めつけられています。
季節によってはそこに花粉や紫外線、虫も混じりますし、山や海へ移動したときの急激な温度変化もお肌への負担となります。

例えば……ヘリコプターが巻き上げる土埃!

私もこういう場で取材などのお仕事をすることが多々あり、そのたびにお肌がとても残念なことになります。
中でも最も酷かったのが、山中にある演習場でのこと。ちょうど晴天が続いていたときで、地面もカラッと乾いており、風で土埃が舞っていました。おかげで土埃をずっと浴び続けていたのですが、さらにそこへやってきたのはヘリコプター。ロープを降ろし、地上にいる人を引き上げ始めたのですが、その作業のためにヘリコプターはとても低い位置まで下がっています。おかげでローター(ヘリコプターの羽)が巻き起こす強風で土埃がごうごうと吹き、目も開けられず、息もできないほど。体が飛ばされないようにしゃがんでいるだけで必死でした。

土埃は、バスタブの底にたまるほど

ヘリコプターで大量の土埃を浴び、全身がざらざらに。しかし、一番驚いたのはシャワーを浴びたときでした。宿泊していたホテルのバスタブには、ざらざらした土や砂が溜まり、「これ、流しても詰まらないかな?」と心配になるほど。お肌にも髪にも細かい土や砂が付いていて、洗い流すのにかなりの時間がかかりました。
やっとシャワーが終わり、綿棒で耳掃除をすると、綿棒が真っ黒。鼻をかむとティッシュも真っ黒。耳や鼻にも土や砂が入っていたようです。
……というようなことを、自衛官は頻繁に、隊員によっては日々味わっているんです。

機械油、洗浄剤、ドーラン……お肌の大敵はまだこんなに

さらに、自衛官が使っている銃や車両などの装備品は金属製で、機械油も塗られています。装備品を整備するときには洗浄剤を使うので、これらもお肌を酷使します。
そして特に陸上自衛官の「スキンケアあるある」で出てくるのが、ドーラン。みなさんも、顔を迷彩柄にメイクした自衛官の画像や映像を見たことがあると思いますが、このドーランはファンデーションどころではないお肌への負担がかかります。
そして季節によっては、屋外での作業でたくさん汗をかきますが、演習中などは数日間お風呂に入れないことも。

屋内、お風呂でも、「乾燥」というお肌トラブルの原因が

そしてもちろん、自衛隊特有ではないこともあります。例えば、みなさんが働いているオフィスでも乾燥しがちな場合は多々あると思いますが、それは自衛隊のオフィスも同じ。さらに自衛官(特に若い独身の自衛官)は、「営内」と呼ばれる寮のような場所に住んでいて、この営内もとっても乾燥しています。
さらに、駐屯地・基地内のお風呂は敷地内にある大浴場を使うことがほとんどなので、営内からお風呂に行って、屋外を歩いて帰ってくるまでに乾燥でお肌がダメージを受けます。お風呂上りのスキンケアが特に重要なのは、女子のみなさんはよくご存じですよね。
……と、「自衛官のお肌事情」をいくつか挙げましたが、なんとなく「なるほど、確かに自衛官にはスキンケアが必要だ」ということが伝わりましたでしょうか?

男性自衛官とも、スキンケア情報交換

私も、以前から女性自衛官さんとは「どんなの使ってる?」「こういうのいいよ」とスキンケア事情の情報交換をしていました。しかし最近は、男性の自衛官さんとも情報交換をするように。
やはり、男性からは「どういうものを使えばいいか」と聞かれることの方が多いのですが、逆に有益なことを教えてもらえることもあります。とはいえ、それは「ドーランの下地にはこれがいい」「落ちにくいドーランはこうやると早く落とせる」といった、一般女子にはあまり有益とはいえないかもしれない情報なのですが……。

プレゼントに迷ったら、基礎化粧品もぜひ候補に!

ということで、自衛官との恋活を希望している女子の皆さんへの今回のアドバイスは、「自衛官はスキンケア情報を知りたがっている!」です。
みなさんもそれぞれにスキンケア情報はお持ちだと思います。その情報を教えてあげると喜ばれますし、また化粧水やボディークリーム、また下地やクレンジングなどをプレゼントすると、お相手の方もきっと嬉しいと思います。お相手の方の営内事情によっては、お肌にいい加湿器も喜んでもらえるかもしれません。
みなさんがこれまでに蓄えたスキンケア情報で、ぜひ自衛官との距離を近づけてみてください!

岡田真理のほじくりコラム(毎週金曜更新) >> こちら

ページ上部へ