スタッフのブログ

制服の“アクセ”を見ればどんな人か分かる!~陸上自衛隊・職種徽章②

X型に並んだ武器が特徴の野戦特科と高射特科

前回の
>>制服の“アクセ”を見ればどんな人か分かる!~陸上自衛隊・職種徽章①
では、
・自衛官は制服に「徽章(きしょう)」や「階級章」と呼ばれるバッジを付けている
・バッジは、「どんなお仕事をしているのか」「どんな勤務経験があるのか」「階級」などを表している
・陸上自衛官の場合、制服のジャケットの襟に付けている「職種徽章」を見れば、どんなお仕事をしているのかが分かる
というお話を、そして「施設科」「通信科」「音楽科」の職種徽章をご紹介しました。今回は、その続き。まずはこちらの2つをご紹介します。


こちらは、「野戦特科」と「高射特科」の職種徽章。上が野戦特科、下が高射特科です。
この2つは、武器がXの形に配置されているデザインでよく似ていますよね。実は、お仕事の内容も似ているんです。ので、こちらはぜひ2つセットで覚えてください。

武器の正体は、大砲とミサイル!

「野戦特科」と「高射特科」。名前にどちらも「特科」という言葉があります。この「特科」とは簡単にいうと、「大きな弾をドーン!と撃つお仕事」。そして「野戦」と「高射」はどう違うかというと、
○野戦特科→地上に向かって大砲ドーン!
○高射特科→空に向かってミサイルドーン!
という感じです。
ということで、X型に配置されている武器もそれぞれのお仕事を表していて、野戦特科には大砲の絵が、高射特科にはミサイルの絵がX型に並んでいます。
とはいえ、どちらが大砲でどちらがミサイルかはとても分かりにくいです。ので、背景に注目してください。片方には輪があり、片方には棒のような物がありますよね。
ですので、
○野戦特科→輪の上に大砲
○高射特科→棒の上にミサイル
と覚えると良いかと思います。
もし、イベントやパーティーでこのバッジを付けている人がいたら、
「地上に向かって大砲ドーン!のお仕事をしている人なんだな」
「空に向かってミサイルドーン!のお仕事をしている人なんだな」
ということが分かります。

もうひとつ、X型の職種徽章が

武器がXに配置されている職種徽章はもうひとつあります。それは、「普通科」。
普通科とは、簡単に言うと「身ひとつで戦う人たち」。先ほどご紹介した野戦特科、高射特科は、大砲やミサイルといった大きな武器を使います。また、戦車を使う職種もあります。一方、普通科の部隊が使うのは、小銃や機関銃、迫撃砲といった、小さな武器だけ。フットワークを軽くし、自分の身体を“武器”として戦う人たちです。ですので、普通科の人たちは自衛隊の中でも特に体を鍛えています。
>>自衛隊の筋肉男子を探せ!
では、「普通科に筋肉男子が最も多い」というお話をしましたので、こちらもぜひご覧ください。

小銃、そして桜が目印

そんな普通科の職種徽章はこちら。

X型に配置されている武器は、小銃です。といっても、見慣れない人には、野戦特科の大砲や、高射特科のミサイルと見分けがつきにくいかと思いますので、その上にある桜のマークを覚えていてください。
桜は自衛隊のさまざまなデザインに使われる象徴的なマークなのですが、陸上自衛隊の職種徽章で使われているのは、普通科だけ。ですので、制服のジャケットの襟にこの桜を見つけたら「この人は体が資本のお仕事なんだな」と分かります。

今回は、陸上自衛隊の野戦特科、高射特科、普通科の職種徽章をご紹介しました。
特に普通科は全国各地にたくさんある部隊なので、パーティーなどでも普通科隊員に会うことが多いと思います。ぜひチェックしてくださいね!

画像:陸上自衛隊HPより引用
岡田真理のほじくりコラム(毎週金曜更新) >> こちら

1/26(土)男性自衛隊カフェParty
男性34歳以下自衛隊員vs女性20代@天井高く開放的な大人のナチュラル空間
☆恵比寿駅から徒歩2分直進すると、目の前にパッと現れる『SHOW ROOM』。ガラスの扉を開くと、白レンガとホワイトウッドで囲われた欧風のナチュラルな空間が広がります。天井高4m以上広がる贅沢な会場で、人生を彩る時間をお過ごしください。
2018-11-02 | Posted in スタッフのブログ, 女子にもわかる自衛隊Comments Closed 

関連記事

下記アドレス又は、
お問合せフォームにお問合せください。
info@jieitaiclub.jp
(お返事には最大2営業日頂戴しております)

下記番号よりお問合せください。
03-6316-1300
11:00~20:00
月曜火曜休み(※祝日は営業)